04 Marやはり適度な運動と食事の量!?

20代は、比較的細身の私でした。
運動もそれほど嫌いではなかったので、遊び程度にスポーツを行い、
また食事もよく食べる時もあれば、普通に食べる時もありと・・・そんなに気にしていませんでした。

気にしなかった理由は?というと、食事を多く摂っても、太って困るということが、全くなかったからです。

ですが、結婚し子供が生まれると、育児中心・家中心の生活になりました。
家事程度の運動、子供と散歩には時々行きましたが、育児に疲れてしまうので行動範囲が狭くなり、
子供の残したご飯を食べたりと、、、背中やお腹が太ってきました。
鏡を見ても分かるようになり、これは、やばいと思いました。
特に、背中に脂肪がつくと丸くなり、老けて見えます。

この時期の食事で、今思うと一番悪かったのは・・・甘い物でした。
コーヒーには、砂糖1,5杯は入れてました。
また、子供が寝た後にホッとしたいため「甘いお菓子・飲み物」を摂取。
甘い物は、疲れが飛ぶ、ホッとする感じがしたからです。
コーヒーの砂糖は、ますます増えそうな勢いでしたので、
プチダイエットですが、切り替えて「砂糖なしのコーヒー」に変えました。
初めは、美味しく感じなかったのですが慣れると美味しいと思えてきました。

そして、甘いお菓子も就寝前にはやめました。
すると、少しづつですが、、、体がほっそりとしてきました。
3度のご飯も、おかわりしていた習慣もやめました。
歳もとれば食事量も減らすのは当然ですが、今まで出来てなかったと分かりました。

運動は、毎日ではないですが週に2,3日「ウォーキング」をしています。
こちらは、ダイエットと健康維持という感じです。
健康にも良いし、自分のペースなので楽しいです。
ウォーキング後は、体も心地良い疲れと、また気持ちもスッキリした感覚があり、私には合ってました。
ダイエットに!と思っていたウォーキングも、結局は自分の体にも良いものとなり、良かったと思っています。
適度な運動と食事のバランスを考えたダイエットは「心身ともに健康に暮らせる方法の一つ」ですね。

Comments are closed.